―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

眩しき陽光に手をかざし空を仰ぐ

「第一歩」を好きという人もいれば、嫌いという人もいるだろう。興味のない人も。あなたが感じる「剣士」はどう?
トップページ >

ページの先頭へ

勢いでダンスするあいつと公園の噴水

憧れている寒い国、ロシアに、絶対行ければと夢を持っている。
学校での英語学習に挫折しそうになった時、ロシア語の基礎を息抜きにやってみようと思ったことがある。
でも、本屋で読んだロシア語の参考書をみて速攻であきらめた。
verbの活用形態が突き抜けて多かったのと、会話の巻き舌が多数。
旅行者としてズブロッカとロシアの料理を目指していけたらいいなと思う。

涼しい祝日の深夜にお酒を
今のようにネットが無くてはならない物になるとは、当時子供だった自分には全く分からなかった。
物を売る商売の人はこれから競争が激しくなるのではないかと思う。
インターネットを活用し、どこよりも安価な物見つけ出すことが不可能ではないから。
争いが盛んになったところでここ最近よく見れるようになったのがセミナー起業や商材販売だ。
今は、手段が売れるようにな時代で、何が何だかピンとこない。
手段が目的化してしまいそうだ。

雹が降った火曜の早朝にこっそりと

遠くの里方に住んでいる家内の母もかわいい孫の為として、大変色々手作りのものを縫って送ってくれている。
アンパンマンが非常に気にいっているのだと話したら、伝えたキャラクターの布で、作ってくれたが、生地の金額がとっても高価であきれていた。
布は横、縦、上下のキャラクターの方向があるので大変らしい。
だけれど、色々、裁縫してくれて、送ってくれた。
孫はとても愛らしいのだろう。

喜んで泳ぐ妹と気の抜けたコーラ
山梨県甲府市はフルーツ大国と言われるくらい、果物の栽培が行われている。
日本ではなかなか無い内陸県で背の高い山脈に囲まれている。
だから、漁もできなければ米の栽培もまったく盛んではない。
なので、山梨県をまとめていた殿様、柳沢吉がフルーツ生産を提案したのだ。
江戸よりも名産が経済を潤すと考えたのだろう。
盆地の水はけの良さと、山国ならではの昼夜の気温の差は甘い果物を生産する。

曇っている土曜の夕方に外へ

近くのスーパーで買い出しをしていた。
冷凍食品の部門でドリアを選んでいた。
いろいろ見ていたら、ハングルで書かれた箱を探し出した。
写真を見ると、トッポギだった。
先月釜山へ遊びに行ったときに、幾度となく韓国を渡航している親友に勧められたのがトッポギ。
ここ日本で冷食として、韓国のトッポギが発売されてるなんて、驚きだった。

騒がしくお喋りする姉ちゃんと季節はずれの雪
店の中の客は、だいたい日本人という状態だったので、その雰囲気にも驚いた。
買い物中の列は、だいたい日本人という状態だったので、その光景に驚いた。
日本で評判なのが、韓国コスメは肌が喜ぶ成分が豊富に使用されているらしい。
もちろん、化粧品にも惹かれるけれど店番の人の言語能力にも素晴らしいと思った。
この分野の会話だけなのかもしれないが、日本語が堪能。
私たちは、頼りない韓国語を使う気満々で行った韓国旅行だけど、必要ないようだった。
必要に駆られれば、しっかり学べば外国語を理解できるということを証明してくれたような旅行だった。

のめり込んで踊る子供と履きつぶした靴

社員で働いていた時の大好きな先輩は、社長令嬢で、これぞセレブそのものだった。
痩せてて活発でテンションが高い、動物好きの先輩。
動物愛護サークルなど立ち上げて、それなりに運動をしている様子。
毛皮着ない、ビーガン、動物実験反対。
一度ご実家に訪問したことがあった。
都心にある高層マンションで、皇居が見下ろせる場所。
その先輩、可愛くて清潔なシャム猫と同居していた。

無我夢中で吠える友人と失くしたストラップ
見るために以外と長く長く歩き進まなくてはならない動物園は、夏期は非常に暑くてしんどい。
友人と奥さんと子供と自分と妻と子供と連れだって見に行ったが、非常に日差しも暑くてきつかった。
めっちゃ日差しも暑いので、ライオンも猿もどんな動物も多くが歩いていないしし、奥の影に姿を隠していたりで、非常に観察出来なかった。
今度は、水族館などが蒸し暑い夏はよさそうだ。
娘がもう少し大きくなったら夏期限定の夜の動物園や水族館もたまらなさそうだ。

ゆったりと踊る兄さんと観光地

以外と普通の生地は少しでも値段がする。
わが子が幼稚園に1ヶ月後から通うので、きんちゃく袋のようなものが入用なのですが、思ったより縫物の為の生地が高かった。
目立って、アニメのキャラクターものの布なんて、とても金額がいった。
アンパンマンやキティーちゃんの裁縫するための布が非常に高い。
必要な大きさのの入れ物をどこかで購入するのが早いし、以外と安いのだけれど、へんぴな所なので、確認したら、みんな、母親が縫ったものだし、周辺に販売していない。

目を閉じてお喋りする彼女と壊れた自動販売機
本を読むことは域外の一つだけど全部というわけではない。
江國香織さんの作品に凄く魅力を感じる
もうずいぶん同じ作品を読み進めている状態だ。
主人公の梨果は、8年同棲した恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、その原因である華子とルームシェアするようになるという変わった話だ。
ラストは驚きが大きく大胆な形だがそれを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、そうなるかもしれないな」というのを匂わせている。
そして、江國香織は言葉選びや登場させるミュージックや、物など、魅力を感じる。
たとえば、ミリンダが出ればミリンダが飲みたくなるよう書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といったミュージシャンが出てくるとついついCDをかけてしまう。
ワードチョイスの方法がうまいのだろう。
おまけに、「ピンクグレープフルーツそっくりの月」といった表現がどこから生まれてくるのだろう。
物の表し方に引き込まれて、寝る前に何度も同じ江國香織の文庫本を読んでしまう。
好きな本との夜更けの時間が夜更かしのきっかけなのだと感じる。

xn--u9ja283ueidz8sgyfpstc1suw5aisj.com
薬剤師の求人・就職先を見つけるならこちらがオススメ。転職しようと考えている薬剤師さん、勤務先を探している薬剤師さんに打って付けのサイトを紹介しています。

サイトメニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトメニュー

Copyright (c) 2015 眩しき陽光に手をかざし空を仰ぐ All rights reserved.